意外と知らない「歯みがきのポイント」

2015年5月7日

Dr_02

歯ブラシや歯磨き粉はたくさん種類があってどんなものを選んでいいか判らないとよく相談されることがあります。
そんな方のために今回は自分にあったものを選ぶポイントをお伝えします。

まずは歯ブラシ!

柄の部分は持ちやすいものを選びましょう。
手の大きさによって操作しやすい太さも変わってきます。普段使用している筆記具を想像してください。書きやすいペンなどの太さを参考にしてみましょう。

ネック(柄の部分からヘッドへ移る間の細くなっている部分)はなるべく細く、少し角度があるものがお勧めです。

ヘッド(毛の生えている部分)は大きさや形がさまざまですが、歯の大きさやお口の広さによって選びます。ヘッド大きさは歯の大きさによってお勧めが変わります。前歯2本分が目安になりますが、売り場で歯に当てるのも難しいですね。
そこでお勧めなのが指を使った確認方法です。
人差し指と中指をあわせて、ヘッドに当ててみてください。人差し指と中指の半分までの幅がお勧めです。
また、ヘッドの形は四角よりも先が細くなった卵型を選びましょう。奥歯の奥も磨きやすくなります。

毛の部分は硬さや毛先の形状などさまざまな工夫がされていますが、通常の方は普通の硬さ、毛先も普通のもので問題ありません。歯周病の方ですと硬さは普通からやわらかいもので毛先が細いものがお勧めです。
特に歯周病でない方は毛先が細いものは使用しないほうがいいです。歯肉溝という1~2mmほどの溝が歯と歯茎の間にあるのですが、この溝の底の部分は非常にデリケートで、ブラシなどで刺激してしまうと炎症を起こし、溝が深くなってしまう恐れがあります。逆に歯周病の方ですとこの溝が深くなって歯周ポケットと言われる状態になっています。この溝の中の細菌が歯周病を進行させる原因のため、これを取り除くようにブラッシングする必要があります。そのため細かい溝の奥まで届くやわらかく細い毛がお勧めになります。

次は歯磨き粉!

実は歯磨き粉はつけなくても問題ありません。あくまでも歯ブラシの補助的な役割のため、使いすぎるのもよくありません。

歯磨き粉を使いすぎるとよくない理由↓

・味がついてたり、泡が出ることによって磨けてなくても磨けた気になってしまう
歯の表面についている歯垢を取ることが歯磨きの目的ですが、歯垢は実は細菌の塊になります。バイオフィルムと言われる構造をしていて、細菌が細胞外多糖を分泌、環境変化や化学物質から身を守っているのですが、歯磨き粉をつけただけではバイオフィルムは壊せないのです。取り除くためには歯ブラシでこすり取ることが必要になります。
しっかりブラシが当たっていなくても泡が立ったり歯磨き粉の味などから爽快感が出てしまい、磨けた気になってしまうことが多く見受けられます。

・研磨剤による歯の削れ
歯磨き粉には汚れをこそぎ取るために研磨剤と言う小さな硬い粒が含まれていることが多いです。確かに歯垢や着色汚れを落とすには効果的かもしれませんが、汚れだけに研磨剤が当たるわけではありません。歯自体にも当たっているのですが、日々使用することで歯の表面が研磨剤にて傷つくことがあります。見た目ではわかりませんが、そういった傷に汚れがつきやすくなります。

・発泡により短時間で歯磨きを終えてしまう
多量の歯磨き粉を使用するとお口の中があわだらけになってしまい、短時間で歯磨きを終了してしまうことが多くなります。歯1本1本しっかり洗うことが歯磨きの最大のポイントなのですが、お口に中には通常28本、親知らずを含めると32本の歯が生えています。しっかり磨くとなるとそれなりに時間はかかります。

と、ここまで見ているとまるで歯磨き粉が悪者のように捕らえられてしまいますが、絶対使うなと言うことではありません。
フッ素やポリリン酸などが入っているものは歯を強化したり、研磨剤は汚れを取るのに特化しています。

「過ぎたるは及ばざるが如し」何でもやり過ぎると期待される効果以上のデメリットが出てきます。ブラシにつける歯磨き粉の量は小豆の粒くらいで問題ありません。しっかり磨きたい方でしたら、歯磨き粉の量を足すよりも、歯磨きの時間を長くすることと清掃補助具の使用をおすすめします。
また、普段は研磨剤や発泡剤が入ってないものを使用し、週に2~3回ほど研磨剤などが入った歯磨き粉を使うという方法もお勧めです。


関連記事

Top