あらためて、歯石って何?

2015年10月22日

151022_siseki

プラークの次に良く耳にするものとして「歯石」がありますが、これは何だかご存知でしょうか?
実は歯石は、歯の表面にできたプラーク(細菌の塊)が唾液中のミネラル分とくっついて石のようになった(石灰化した)ものです。
いわゆる〈細菌の化石〉のようなものです。

歯石とプラークのちがい

前回のコラム【プラーク(歯垢)とは?】で、プラークは細菌が歯の表面に付着・増殖したものとお話しましたが、歯石はそれが石のように硬くなってしまったものですので、今度は歯ブラシでは落とせなくなります。

歯石自体はプラークのように酸や毒素を出すということはないのですが、表面が荒れている為、細菌が付着・増殖しやすく、その菌が歯周病や口臭などの原因となりやすいのです。
歯磨きなどで歯石についている細菌を取ると言うのはできないので、歯石ごととる必要があります。

ただ、歯石はとりきれなかったプラークが2日ほどかけて硬くなったものなので、歯ブラシが普段当たっていないところにできます。
そのため、本人からは見えにくかったり、手が届きにくいところにできるのでご自身で歯石を取るのはかなり難しいです。
また、かなり硬いこともあるので無理やり行うと思わぬ怪我にもつながります。歯科医院でしっかり取ってもらうのが一番です。

歯石を予防するには??

一度ついてしまうと面倒な歯石ですが、プラークさえしっかり除去できていれば歯石など怖がることはありません。
前述のとおり、プラークが歯石になるまで2日ほどかかります。歯石になる前・プラークのうちに除去することで歯石は予防できます。
プラークであれば細菌の塊なのでまだ柔らかく、歯ブラシやフロスなどでお掃除できれば簡単に取れます。

歯石取りのタイミングは??

普段の歯磨きもしっかりできている方ですと、3ヶ月に1度が理想的です。
歯周病やインプラント、矯正治療中などのリスクの高い方の場合、1~2ヶ月ごとのお掃除が望ましいこともあります。
その方のお口の状況や普段のブラッシングなどでおすすめのタイミングなどは変わってくるので、気になるようであれば歯科医院で聞いてみましょう。

歯石を取った後

歯石を取ったら何だか歯がしみる、歯茎が下がった・・・という事を聞くこともあります。
これはよくあることですが、心配しなくても大丈夫です。

歯石を取ったことで、今まで歯石にカバーされていた部分が露になるため知覚過敏のようなものが出たり、歯石を取ることで歯茎の腫れが引き締まり歯茎が下がったように見えるのです。
そのほかに重度の歯周病の方ですと、歯同士をくっつけていた歯石が取れ、歯が動くようになる事もあります。

こう聞くと「歯石はとらないほうがいいこともあるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それはありえません。
本来の原因は歯石に起因するところなので、まずは歯石を取り、それぞれの症状に合わせた処置を行うことが重要です。

虫歯や歯周病、口臭などの原因になる歯石。
普段のケアと定期的な検査で予防できるものなので、しっかりケアしていきたいところですね。


関連記事

Top